クイチャーパラダイス

【PC】http://quipara.jp/  
【Mobile】www.just.st/?in=910301

 

私どもクイチャーパラダイスは主として東京、大阪や富山において100か所以上の三線教室を運営する沖縄の音楽と舞踊の教室です。

クイチャーパラダイスは沖縄の音楽と舞踊を日本中に広めたいという志を持ち、1996年に仲本光正により創設されました。沖縄における沖縄本島、宮古島地方、八重山地方の三つの地域のうち、仲本は宮古島で生まれました。仲本は沖縄音楽における三線の名手であり、過去20年近く多くの門下生を育ててきました。また、仲本は三線の製作においても、熟達した技を持っています。クイチャーとは宮古島における民族舞踊の一つであり、お祝いの席では、最後に必ずと言っていいほど唄い踊られる島民が親しみを持っている舞踊です。クイチャーパラダイスとは「常に幸せであれ」という意味で、どのような場合でも幸せを感じるような生き方で行きたいという仲本の願いが込められて名付けられました。

クイチャーパラダイスが舞台で展開する唄や踊りは多くの言い伝えや信仰を背景とした民族音楽を基本としています。その中には、恋の唄、豊穣を祈るまた喜ぶ唄また災いを追い払うものがあります。これらの唄や踊りは400年以上にわたり伝承されている者もあります。また、かつての宮廷音楽も演奏し、四つ竹と呼ばれる小さな竹を鳴らしながら大きな花笠をかぶった踊りは広く知られているところです。また、沖縄のエイサーも演じます。エイサーは沖縄においてお盆の時期に先祖を敬うための踊り唄う音楽です。

沖縄音楽を演奏するには、三線、篠笛、パーランク、島太鼓等を使います。また、衣装はかつて宮廷で用いられていた黒帳と花鳥を描いた華やかな紅型(びんがた)を用いた女性の衣装である打掛(うちかけ)をまといます。

クイチャーパラダイス

【PC】http://quipara.jp/  
【Mobile】www.just.st/?in=910301

 

私どもクイチャーパラダイスは主として東京、大阪や富山において100か所以上の三線教室を運営する沖縄の音楽と舞踊の教室です。

クイチャーパラダイスは沖縄の音楽と舞踊を日本中に広めたいという志を持ち、1996年に仲本光正により創設されました。沖縄における沖縄本島、宮古島地方、八重山地方の三つの地域のうち、仲本は宮古島で生まれました。仲本は沖縄音楽における三線の名手であり、過去20年近く多くの門下生を育ててきました。また、仲本は三線の製作においても、熟達した技を持っています。クイチャーとは宮古島における民族舞踊の一つであり、お祝いの席では、最後に必ずと言っていいほど唄い踊られる島民が親しみを持っている舞踊です。クイチャーパラダイスとは「常に幸せであれ」という意味で、どのような場合でも幸せを感じるような生き方で行きたいという仲本の願いが込められて名付けられました。

クイチャーパラダイスが舞台で展開する唄や踊りは多くの言い伝えや信仰を背景とした民族音楽を基本としています。その中には、恋の唄、豊穣を祈るまた喜ぶ唄また災いを追い払うものがあります。これらの唄や踊りは400年以上にわたり伝承されている者もあります。また、かつての宮廷音楽も演奏し、四つ竹と呼ばれる小さな竹を鳴らしながら大きな花笠をかぶった踊りは広く知られているところです。また、沖縄のエイサーも演じます。エイサーは沖縄においてお盆の時期に先祖を敬うための踊り唄う音楽です。

沖縄音楽を演奏するには、三線、篠笛、パーランク、島太鼓等を使います。また、衣装はかつて宮廷で用いられていた黒帳と花鳥を描いた華やかな紅型(びんがた)を用いた女性の衣装である打掛(うちかけ)をまといます。

 

クイチャーパラダイス

【PC】http://quipara.jp/  
【Mobile】www.just.st/?in=910301

 

私どもクイチャーパラダイスは主として東京、大阪や富山において100か所以上の三線教室を運営する沖縄の音楽と舞踊の教室です。

クイチャーパラダイスは沖縄の音楽と舞踊を日本中に広めたいという志を持ち、1996年に仲本光正により創設されました。沖縄における沖縄本島、宮古島地方、八重山地方の三つの地域のうち、仲本は宮古島で生まれました。仲本は沖縄音楽における三線の名手であり、過去20年近く多くの門下生を育ててきました。また、仲本は三線の製作においても、熟達した技を持っています。クイチャーとは宮古島における民族舞踊の一つであり、お祝いの席では、最後に必ずと言っていいほど唄い踊られる島民が親しみを持っている舞踊です。クイチャーパラダイスとは「常に幸せであれ」という意味で、どのような場合でも幸せを感じるような生き方で行きたいという仲本の願いが込められて名付けられました。

クイチャーパラダイスが舞台で展開する唄や踊りは多くの言い伝えや信仰を背景とした民族音楽を基本としています。その中には、恋の唄、豊穣を祈るまた喜ぶ唄また災いを追い払うものがあります。これらの唄や踊りは400年以上にわたり伝承されている者もあります。また、かつての宮廷音楽も演奏し、四つ竹と呼ばれる小さな竹を鳴らしながら大きな花笠をかぶった踊りは広く知られているところです。また、沖縄のエイサーも演じます。エイサーは沖縄においてお盆の時期に先祖を敬うための踊り唄う音楽です。

沖縄音楽を演奏するには、三線、篠笛、パーランク、島太鼓等を使います。また、衣装はかつて宮廷で用いられていた黒帳と花鳥を描いた華やかな紅型(びんがた)を用いた女性の衣装である打掛(うちかけ)をまといます。

Quichar Paradise

Quichar Paradise is a Okinawa’s music and dance school in Japan and we are managing approximately 100 culture schools in mainly Tokyo, Osaka and Toyama area in Japan.
Quichar Paradise was established by Mr. Mitsumasa Nakamoto in 1996, in order to popularize music and dances in Okinawa to all over Japan. Mr. Nakamoto was born in Miyako-Jima, which is one of three major areas in Okinawa. Other two are Okinawa Main-Land and Yaeyama.  He is one of top folksong’s and Sanshin’s masters and he has trained young singers and players for the past two decades.  He is also a craftsman of Sanshin (Japanese banjo).
“Quichar” is a folklore handed down in Miyako-Jima and the people sing and dance with Quichar altogether at a celebration. Quichar Paradise means “Be Happy Anytime”, named by Mr. Nakamoto because he wishes we be happy in any cases. We usually dance “Quichar” at the end of our performance with audience.
Our songs and dances tell of many folklore tales and beliefs such as tragic love stories, harvest celebrations and driving out evil spirits. Many of dances represent cultural expression from over 400 year ago. One performance is the famous dance of the ancient Okinawan Royal Court where performers wear big hats called “Hanagasa” and hold castanets made from bamboo.
In addition, we perform Eisa which is songs and dances for a ceremony to pray for the rest and peace of Okinawa people’s ancestors. We also have many traditional dance songs.  We play traditional musical instruments to accompany our performances: the Shinobue (bamboo flute), Kane (bell), Parlanqoo (small drum), Shime-daiko (medium drum), O-daiko (big drum) and Sanshin (similar to a banjo). The costumes worn for our dances include traditional old-style Kimonos, formal wear and Uchikake: a yellow based colorful gown with tropical flowers and birds.

Quichar Paradise

Quichar Paradise is a Okinawa’s music and dance school in Japan and we are managing approximately 100 culture schools in mainly Tokyo, Osaka and Toyama area in Japan.
Quichar Paradise was established by Mr. Mitsumasa Nakamoto in 1996, in order to popularize music and dances in Okinawa to all over Japan. Mr. Nakamoto was born in Miyako-Jima, which is one of three major areas in Okinawa. Other two are Okinawa Main-Land and Yaeyama.  He is one of top folksong’s and Sanshin’s masters and he has trained young singers and players for the past two decades.  He is also a craftsman of Sanshin (Japanese banjo).
“Quichar” is a folklore handed down in Miyako-Jima and the people sing and dance with Quichar altogether at a celebration. Quichar Paradise means “Be Happy Anytime”, named by Mr. Nakamoto because he wishes we be happy in any cases. We usually dance “Quichar” at the end of our performance with audience.
Our songs and dances tell of many folklore tales and beliefs such as tragic love stories, harvest celebrations and driving out evil spirits. Many of dances represent cultural expression from over 400 year ago. One performance is the famous dance of the ancient Okinawan Royal Court where performers wear big hats called “Hanagasa” and hold castanets made from bamboo.
In addition, we perform Eisa which is songs and dances for a ceremony to pray for the rest and peace of Okinawa people’s ancestors. We also have many traditional dance songs.  We play traditional musical instruments to accompany our performances: the Shinobue (bamboo flute), Kane (bell), Parlanqoo (small drum), Shime-daiko (medium drum), O-daiko (big drum) and Sanshin (similar to a banjo). The costumes worn for our dances include traditional old-style Kimonos, formal wear and Uchikake: a yellow based colorful gown with tropical flowers and birds.

Quichar Paradise

Quichar Paradise is a Okinawa’s music and dance school in Japan and we are managing approximately 100 culture schools in mainly Tokyo, Osaka and Toyama area in Japan.
Quichar Paradise was established by Mr. Mitsumasa Nakamoto in 1996, in order to popularize music and dances in Okinawa to all over Japan. Mr. Nakamoto was born in Miyako-Jima, which is one of three major areas in Okinawa. Other two are Okinawa Main-Land and Yaeyama.  He is one of top folksong’s and Sanshin’s masters and he has trained young singers and players for the past two decades.  He is also a craftsman of Sanshin (Japanese banjo).
“Quichar” is a folklore handed down in Miyako-Jima and the people sing and dance with Quichar altogether at a celebration. Quichar Paradise means “Be Happy Anytime”, named by Mr. Nakamoto because he wishes we be happy in any cases. We usually dance “Quichar” at the end of our performance with audience.
Our songs and dances tell of many folklore tales and beliefs such as tragic love stories, harvest celebrations and driving out evil spirits. Many of dances represent cultural expression from over 400 year ago. One performance is the famous dance of the ancient Okinawan Royal Court where performers wear big hats called “Hanagasa” and hold castanets made from bamboo.
In addition, we perform Eisa which is songs and dances for a ceremony to pray for the rest and peace of Okinawa people’s ancestors. We also have many traditional dance songs.  We play traditional musical instruments to accompany our performances: the Shinobue (bamboo flute), Kane (bell), Parlanqoo (small drum), Shime-daiko (medium drum), O-daiko (big drum) and Sanshin (similar to a banjo). The costumes worn for our dances include traditional old-style Kimonos, formal wear and Uchikake: a yellow based colorful gown with tropical flowers and birds.

Copyright 2016 CIOFF® JAPAN All Rights Reserved.